あそびながら学ぶ[運動]

うんどう遊び

写真 幼児期は「運動神経がいちばん発達する」とても大切な時期です。
運動能力の向上にかかわっている神経系は1~2歳ごろから急激に伸び始めていきます。運動神経が伸びる貴重なこの幼児期に、たくさんの運動経験を積むことはとても大切です。

「うんどう遊び」では、体操・とび箱・鉄棒・マット・なわとび・ボール・プール(夏)などさまざまなプログラムを用いて、「多様な動き」を楽しく経験し「基本動作」をバランスよく身に付けることを目的としています。
また、持久力・柔軟性・身体バランス力・タイミング力・敏しょう性を養い、ケガのしにくい体力づくりを行っています。

「多様な動き」をバランスよく継続することは、小・中学生になって「自分のからだを自分の思うように動かせる」ようになるために大切なことです。

<対象園児:1歳から5歳児>
クラス別に「運動教室のコーチ」が毎週行います。

あそびながら学ぶ[音楽]ページへ